読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が海外で使っている簡単な英語フレーズ

ちゃんと英語を勉強したことがない日本人でも、3日で覚えられて外国人と楽しく過ごせるようになれる

トランプで遊ぶ時の英語

Playing_Cards

ゲストハウスの共用スペースでの過ごし方は
普通に話しをしていたり、ビールを飲みながら話しているか
一人でパソコンや携帯をいじっている人がほとんど。

でも時々トランプをしている人もいます。
ずっと英語で会話をし続けるのも苦痛になってしまうときもあるし
なかなか楽しいものです。

そんな時に知っておくと便利な英語表現です。

まず、トランプはトランプとは言いません。
play cards です。

調べてみると、Trumpという英語はあるけど、「切り札」という意味でした。

「トランプしよう」 は Let’s play cards

トランプをしている人たちに、
「俺も入れてくれ」
と言う時は

  Can I join you ?

「ごいっしょしてもいいですか?」
と言う意味なので、
食事をしている人たちに加わりたい時や
どこかに遊びに行こうと話しあってる人たちに加わりたい時も使えるので
仲間づくりのきっかけとして、大事な表現です。

これが普通に言えるようになれば、一人旅でも、いつでも誰かといっしょに楽しくできます。

Can I join you ? と言って、No と言われることは、ほぼ100%ないと思います。
たとえ、すごい美人の女の子ばかりのグループに男1人であっても大丈夫です。

日本人の女の子のように変な眼で見る人はいません。

【覚えておきたいトランプ用語】

クラブ、ダイヤ、ハート、スペードは
club,diamond,heart,spade
diamond は 普通 ダイヤ と呼びます。

この4つの種類をsuit スート と呼びます。

数字は、調べてみると Rank ということがわかりましたが
Number と言っても通じるし、普通は Number と言っていました。

カードを引くは
draw a card

カードを配るは
deal
「誰が配るの?」  Who deals ? Who is dealer ?
「カードを配ってくれ」 Deal us cards.

親は「cards を deal する人」 なので
dealer

カードを切るは
shuffle
うっかり cut と言ってしまいそうですが、 cut だと束を二つにわけること。

shuffle した後に、cut を求められることがあるので
束を分けて上下を入れ替えたりします。

「カードをひっくり返す」は
turn over

順番を決める時の、「時計周り」は
clockwise
「反時計回り」 は counter-clockwise

「あなたの順番だよ」は
Your turn.
「俺の番?」 は My turn ?

例えば、七並べのようなゲームをしていて、
「横に並べて」と言いたい時
Place your card sideways
「順番通りに並べて」と言いたい時
Line up your cards in order
「横に2列に並べて」と言いたい時
Line up your cards in two rows

「いらないカードを捨てる」は
Discard.

discard は、不要になったものを捨てるという意味
荷物がたくさんあって、バックパックに入りきらないよ、という人に
Discard things you don’t need. などと使えます。

⇒トリップアドバイザーで人気No.1のホテルをチェックしてみる