僕が海外で使っている簡単な英語フレーズ

ちゃんと英語を勉強したことがない日本人でも、3日で覚えられて外国人と楽しく過ごせるようになれる

同情を伝える英語フレーズ I’m sorry to hear that.

f:id:englishdiary:20151028161739j:plain

旅行しているからと言って、毎日楽しいことばかりでなく、時には事故に遭ってけがをしたり
盗難に遭ったり、騙されたり、ということも起ります。

 

そんな話をしてくれた人には、

 I’m sorry to hear that. 大変だったね。

というあいづちが簡単なフレーズです。
それほど深刻でない時は、

 That’s too bad.

その一言だけしか返さないと、冷たい人になってしまうので、
たとえば、ぼったくりにあったんだよ、という話しを聞いて、もうちょっとつっこんで聞いてみたい時には

 What was the situation ? どんな状況だったの?

というフレーズで状況を話してくれると思います。

⇒トリップアドバイザーで人気No.1のホテルをチェックしてみる